marthaの楽楽家事なお買い物…とか *

rakuoka.exblog.jp
ブログトップ

ラ・バーゼの水切りカゴ

a0247223_20565539.jpg

水切りカゴなのに水切りトレーとポケットの3点セットで16800円。高い。高すぎます。水切りカゴのみでも44cm×30cm×14.2cmと大きいし18‐8ステンレスだから、この価格は妥当でしょう。でも、水切りカゴによくもこれだけ払ったもんですよ。払った私、えらいよ。この水切りカゴ、かなりの年数が経ってるのに頑丈だよ。使いやすいよ。洗いやすいよ。

洗いやすさを求めていた私。この水切りカゴの写真を見たときビビビッてきちゃいました。当時我が家にインターネットはなかったのにラ・バーゼをどうやって知ったんだろ。
ステンレス製の水切りカゴはプラスチック製のよりも衛生的に感じるんだけど、継ぎ目が多くて洗うのが面倒でした。でも、食器を入れるものなので、歯ブラシで時々頑張ってきれいにしていました。カルキ汚れも見苦しいし。
ラ・バーゼ(有本葉子さんのブランド)の水切りカゴは継ぎ目が最低限しかないから、洗う時間が激減しました。継ぎ目が少ないのにかなり頑丈で重い鍋の縁を水切りカゴの下部にひっかけて斜めにかしげて立てかけてもびくともしません。おそらく今でも購入時の新品な形状を1mmの狂いもなく保っているのではないかと思います。これは燕市の会社が作ったようです。最近知りました。私は燕三条製に惚れてるのでうれしい発見です。
それから、水切りトレーが斜めになっているので洗った食器の水滴がそのままシンクに流れ落ちます。しかも水切りトレーに巻き込みがないから汚れがたまるところがありません。洗いやすいです。有本さん、燕市の会社の技術力、すごい!
それになんて美しいルックスなんでしょう。ほれぼれしちゃいます。美人は3日で飽きるっていうけど、全然飽きません。
私にとっては、洗いやすさと頑丈さを考えれば高い買い物ではないですね。

洗いやすさは、前前前回のブログで新発見があったので、もう歯ブラシこすり洗いはしないで年に数回のつけ置き洗いとその間は今まで通りのシンクでの食器用洗剤での洗浄が定番になりそうです。
(ちなみに、トレーは時々ふきん(化学ぞうきん)で水滴を拭いています。)

※ごめんなさい。つけ置き洗いを試される方は自己責任でお願いします。科学的検証をしていませんし、調べまっくていません。ズボラ的勘のみで日々家事をしているんで。

最後までお読み下さり、ありがとうございます。ここをポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
by rakurakushopping | 2012-04-21 21:08 | 台所 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。